未分類

開発秘話《コンピュータ幕 続編》

昭和54年度作品「オズの魔法使い」でスタート。同55年の「こじき王子」で再び採用され、1980年の第3回アメリカ公演で海を渡り、その後、「アラジンと魔法にランプ」、「そんごくう」と2年間、東京豊島園「子ども劇場」に常設。
未分類

開発秘話《コンピュ―タ幕 前編》 

演技する幕を創れという演出家の無理な要求に、舞台技術者の答えは?実用新案になった日本独特な移動公演用特殊舞台装置に、ディズニーも絶賛!
未分類

恐怖を乗り越えた先に/ドキドキ感その2

ハワイのNBCセンターホールで、開演前に強烈な恐怖感を経験してから、 その後、開演前のドキドキ感は、すっかり影をひそめてしまった。ので、 芝居は辞めなかったが、照明オペレーターは引退し、舞台美術家に転向した。
未分類

ホッとした途端の強烈な恐怖感/ドキドキ感その1

  開演前の客席 舞台公演は、いわゆる、ナマ。やり直しも、後から編集も効かない一発勝負です。その開始を伝える5分前になるのが1ベル。予鈴とも言います。これから開始を告げる2ベル、本ベルとも言います。 1ベルが鳴ると、次第...
未分類

カンが働く時

専門家独特の特別な境地、どんな職域においても、ある境地を超えた時に起きうる現象について語る。
未分類

ハードウエア・メモリー(プリセットカセット)

転換を早くするには、素早くフェーダーを組み替えるか、 段数を多くするかですが、 手間やコスト、スペースの制約から、 プリセット面をカセットのように取っ替え引っ返するアイディアが 生まれました。
未分類

まぼろしのサイラトロン

日本の調光器の歴史の上で、ミッシングリンク、と言えるのがサイラトロンではないでしょうか。 水抵抗、金属抵抗、オートトランスと来て、こつ然としてサイリスタ調光器が登場するのが、我が国の調光器の歴史テキストの常であるようです。 ...
未分類

舞台照明を志す人へ

舞台照明の原点を考える記事。視覚像を創造したい本能。それを実現させる最先端技術。祖先から引き継がれたDNA。
未分類

日本伝統の職人技

伝統の日本職人の技が伝承されて、新たな技が構築される。典型的な例を見る。
未分類

都立小宮公園

引越し先の住宅環境と近況
タイトルとURLをコピーしました